仕事で疲れてる夫へ感謝♪オススメ勤労感謝の日のプレゼント

スポンサードリンク

日ごろ仕事を頑張っている旦那さん・・・。

その頑張りに対し、感謝の気持ちを表すのは誕生日や記念日・・・

等々でしょうが、国民の祝日「勤労感謝の日」も、

その気持ちを示す、絶好のチャンスではないでしょうか?

でも他の人って、

「感謝を示すのにどんな事をしているの?」

「プレゼントを手渡したりしているの?」

そんなことをお迷いのあなたに!

勤労感謝の日に渡すプレゼントなどについて、

お話ししてみましょう。

スポンサードリンク

さまざまな形がある夫婦の関係

勤労感謝の日ということで、

代表的なケースを考えてみましょう。

だいたいは、妻から夫へというパターンが多いです。

(共働きの場合、旦那さんからも貰いたいですけど^^; )

毎年必ずプレゼントする、という方もいるでしょうし、

節目節目の勤労感謝の日として、数年一度だけ送る、

という方もいるでしょう。

ご夫婦の結婚した際のいきさつ、

その後の暮らし、ふだんの生活ぶり…

その他諸々によって、ご夫婦の形はさまざまです。

勤労感謝の日にプレゼントをするかどうか、

という事は、普段からの関係の中で行われることで、

贈るかどうか―は一概には言えません。

プレゼントを贈ることがベストでしょうし、

贈ることができない事情がある場合には

形がある物にこだわる必要はないと思います。

夫婦水入らずの旅行や、

旅行までしなくても、日帰り温泉なんかでも良いでしょう。

食事が好きな方であれば、

普段は行かないような、少し高級な和食屋さんや、

オシャレなレストランもオススメ。

焼き肉食べ放題!も、けっこう喜ばれます(笑)

事前に決める必要があるのは、

やっぱり予算

それぞれのご家族の収入状態にもよります。

贈られる相手はご主人なので、

やはり1~3万円ぐらいが相場でしょう。

3万円という額は、通常の主婦の感覚では出すのが厳しく、

共働きなど、収入状況に余裕がある場合の額、

と考えてください。

1~2万円でも、真心がこもったものであれば、

十分でしょう。

一番多い贈り物は財布



勤労感謝の日に女性(妻)が男性(夫)に贈るベスト3は

こちらです。

1.  財布

安っぽいものでなく、ちょっぴり高級感があるもの。

できれば、ブランド名がはっきり分かるような財布ではなく、

表には見えないけれど、良いものだと分かる、

というような、品の良い財布が良いでしょう。

2.  万年筆

万年筆を愛用した(しそうな)世代(ちょっと年齢高め)

の男性には、喜ばれること間違いなしでしょう。

ただ最近は若い世代でも、

良いものを長く使うという傾向が広がっています。

3.  マフラー・手袋

これもふだんは買えない、少々お高めの価格のもの。

季節的にも、今から寒い時期に向かうので

オススメのプレゼントですね♪

まとめ



その他にも、高級なネクタイなど、

普段から身につける物もオススメですよ。

私は、パソコンも日常的に使っていますが、

万年筆で手紙やはがきを書く

なんてオシャレなことをしてみたいと

思うこともあります。

万年筆があれば、普段の打ち合わせなんかでも、

もっとメモを取るようになるでしょうし(笑)

少し前に、勤労感謝の日ではありませんが、

ちょっとした記念日に、万年筆をもらった時は

ステータスが上がったようで(笑)

とても嬉しかったことは、忘れません。

半年経った今でも、まだ箱から出していないんですけど^^;

プレゼントは、形に残るものがいいことは確かです。

でも、すぐに予算を割くことができない場合は、

ハンドメイドで何かを手作りして贈ったり、

手紙を書いてみたりするのも良いでしょう。

要は日ごろの感謝の気持ちを、

品物であれ、言葉であれ、手紙であれ、

表現することです。

相手に対し、気持ちなどを「表現する」ことが苦手、

と言われる日本人ですが、せめて勤労感謝の日など、

記念日にそうした習慣もつけてみましょう。

それがご夫婦円満のコツでもありますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です