大寒や小寒とは何?寒の内って?2016はいつ?

スポンサードリンク

「大きく寒い」と書いて大寒。

・2015年の大寒は、1月20日

・2016年の大寒は、1月21日

聞いた事はあるけど、よく分からない言葉てたくさんありますよね。
この大寒も、私にとってはその一つ。

あなたは、大寒って何の事か御存知ですか?

大寒とは?

大寒とは、旧暦の二十四節気の一つ

小寒から立春までの間で、
1月20日~2月4日までの15日間の事を言います。

また、小寒から大寒が終わるまでの30日間の事を、
寒の内とも言います。

田舎に帰省した時に、お爺ちゃんやお婆ちゃんが言いますよね。
「まだ寒の内じゃけえ、さみぃのぉ~」
って。

読んで字のごとく、大寒は一年で一番寒い時期。

なのですが、これは実は、
日本の季節に当てはめると少しズレているんです。

日本で一番寒い時期は、1月26日~2月4日の期間。

もともと旧暦とは、中国から渡ってきたものなので、
若干のズレはしょうがないですね。

ちなみに小寒とは、寒さが加わるという意味で、
寒中見舞いはこの時期から始められます。

・2015年の小寒は、1月6日です。

・2016年の小寒も、1月6日です。

スポンサードリンク

大寒の食べ物で、一年の運気をUPしよう!

大寒の日に汲んだ水の事を寒の水と言います。

一番寒い時期に汲んだ水。

寒の水は一年間は腐らないと言われており、
その水を使った味噌や醤油などは
身体にもよくて長生きが出来、非常に美味しいとも言われています。

昔は冷蔵庫なんて無い時代。
この寒の水は、雑菌が少なくて純粋に使い水。

ですので、ほかの時期に汲んだ水よりも美味しかったんでしょう。
冷たい水が貴重な時代の話です。

大寒のたまごを食べよう!

寒の内に生まれた卵の事を寒卵、
その中でも、大寒に生まれた卵の事を大寒卵と言います。

大寒卵は、縁起が良い卵と言われています。

子供が食べると身体が丈夫になりますが、
私たち大人が食べると!!

金運アップの効果が!!

_|\○_ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!

必ず食べましょう!

私は食べますよ。

大寒のイベント


大雪

日本人は、昔からお祭り好きの民族です。
卑弥呼の時代でも、豊作を祝った祭りが開催されていたとも
言われているくらい。

ですので、激寒の大寒でも、
各地で色々なイベントが開催されています。

食べ物の仕込み

大寒卵だけじゃなく。

大寒に汲まれた水を使用した食材は、
美味しく身体を丈夫にしてくれますよ。

  • 凍り豆腐
  • 寒天
  • 味噌
  • 醤油

極寒の雪景色の中、温泉に入りながら・・・
美味しそうですね~

各地で寒稽古

極寒の中、各地の神社では寒稽古が行われます。

都心で有名なのは、鹿島神社の大寒禊ですね。

こちら、参加費さえ払えば、一般の人でも参加は可能です。

一生に一度の記念で如何ですか?
ちなみに私はイヤです。

寒中マラソンや寒中水泳

なぜ寒い日に、裸で走ったり泳いだりするのでしょうか?
私には理解が出来ないのですが・・

とにかく、身体が丈夫になるとの事で、
寒中マラソンや寒中水泳は、
昔から日本全国で行われています。

寒中水泳なんか、世界中で行われていますよね!

外部サイトですが、こちらでは、
世界の寒中水泳が紹介されています。

ロシアの寒中水泳、気温がマイナス17度での開催だったとか・・・

大寒という寒い時期。
家に閉じこもっているだけだと、身体は弱くなるばかり。

外に出て、身体を鍛えてみてはどうですか?

ちなみに私、2014年に外出した時に、
歴史的大雪の日にぶち当たってしまい。

談合坂で遭難しちゃいました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です