サラリーマンの為の!奥さんに内緒でへそくりする3つの方法

スポンサードリンク

結婚以来、自分への小遣い3万円。。。

自由になるお金が無い事って、

なんとなく束縛されている様に感じます。

しかも、考えれば考えるほど、

心寂しく不安になってきています。。。

毎月渡されている小遣いも、

毎日の食事代と仕事中に飲むコーヒー代でなくなる状態。

同僚や友人達との集まりも、

何回かに一度だけの参加だけ。

しかもその都度、妻から貰っているのですが、

これがまた、肩身が狭い…

そこで、なんとかへそくりたる物が出来ないだろうかと、

日夜考え中…。

こんな話って、けっこう世間でよく聞く事ですよね。

男は結婚したら、お金は自由に使う事は出来なくなる!

男も結婚前からへそくりは、

「ある程度は準備しといた方が良いとぞ…!」

っと、既婚者の友人に言われてはいましたが、

こんなに、我慢の生活になるとは想定外じゃないですか?

夫々が生活費の分担を決めて、毎月出し合い、

給料はお互いに関与しない夫婦なんて、

ごくごく少数・・・。

妻に見つからず!

上手いへそくりの方法って、あるんでしょうか?(笑)

スポンサードリンク

どうやってへそくりを捻出する?

携帯代などの必要経費は、

家計から出して貰っていると思います。

でも、趣味関係や、洋服など買いたくても、

承認が降りなければ、買って貰えない。

今の小遣いで昼食を食べると、

ホント、やり繰りだけで、いっぱいいっぱい

そんな中で、へそくりをするにはどうすれば良いのか…?

へそくりの捻出方法は、

まず、妻を騙すところから始まりです。

➀妻には内緒の通帳を作る。

会社からのお給料以外の振込は、

そちらの通帳に振り込む様にしていたり…。

例えば、出張手当など諸々、勤務以外の振込ですね。

楽天銀行などのネット銀行だと、

アプリで残高を見れるので、バレることはありませんよ。

②歓送迎会の会費を多めにもらう。

歓迎会や送別会がある時の会費は、

少し多めに伝えて、多めにもらう様にしましょう。

ただし、1000円以上は危険です!

500円か、多くても800円くらいにしておきましょう。

③おごって貰ったら銀行へ…。

たまには先輩から、おごって貰える事もあるので、

そんな時には迷わずへそくりへ…。

③は、そんなに頻繁に有る物でもないし、

②も、やりすぎると制限されてしまうかも?

驚きの捻出先の中に、

「ボーナスは年1度だけ!」

なんて言っている人もいるらしいですけど…!(笑)

もう一つアドバイスをすると、

休日などは、妻が買い物に行く時には、

出来るだけ一緒に行くようにしてみましょう。

すると時々、

「好きなもの買ったら?」

なんて声をかけてもらえるようになってきます。

始めから大口のへそくりをするのではなく、

日常のコツコツへそくりを頑張るしかありません。

男性の平均へそくり金額は?その使い道!

10588bd41ecd3dc0af6b48a2c6530bf1_s

男性サラリーマンの「へそくりの平均額」について、

ちょっと調べてみました。

なんと実は!

およそ112万円だそうなんです。

みんな、凄いですよね〜

私には、こんな金額は夢のまた夢のようです(笑)

でも頑張ってみたいと、

少し闘志が湧いてきませんか?

そんな、妻を騙しながら貯めたへそくりって、

みんないったい、何に使っているんでしょう?

  1. 老後の為に
  2. 趣味に (例えば車関係…わりと気が付かない物だそうです)
  3. たまには後輩にお茶ぐらいはおごりたい
  4. 子供にお土産…

などなど色々ありましたが、

ひどいのになると「ガールズバー」「キャバクラ」

なんてのもありました^^;

まとめ

3ee251afc46ebb96269e81171210db88_s

私の場合には、特に今すぐ必要とかと言うのではなく、

とりあえず自分の自由になるお金が欲しい。

っと、言う事と、

きっと、気持ちにゆとりが持ちたいんでしょうね。

ただ、心配なのは隠し場所ですね…、

皆さん何処に隠しているんでしょうか?

前に、女性がへそくりを隠す場所は調べたんですけど。

次は、男性編でも調べてみましょうか(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です