沖縄のオススメ観光スポット!人気と穴場!

スポンサードリンク

沖縄と言えば、
エメラルドブルーの海が最大の魅力と言っても
過言ではありません。

カップルでの沖縄旅行を格安で行く方法とは?では、
そんな沖縄への格安旅行方法を話してみました。

では今回は、10回以上は沖縄旅行に行っているわたしから、
定番人気スポットや、穴場スポットまで、
色々オススメしちゃいます。

ほんとうにあまり知られていない、
意外なスポットもあると思いますので、
楽しんで見て下さいね。

海やビーチ関連のオススメスポット

沖縄と言えば、やっぱり海でしょう!

という事でまずは、海関連のオススメ観光スポットを
紹介してみましょう。

スポンサードリンク

青の洞窟

まずは定番。
でも絶対にはずせないスポット。

御存知、沖縄の青の洞窟です。

世界で有名なのは、イタリアの青の洞窟ですが、
実は沖縄の青の洞窟の方が、美しさでは上という話もあるくらい。

行ってみると、実は広さはあまりありませんが、
海の青さや透明度の高さは素晴らしいです。

その中で、たくさんの魚と一緒に泳ぐ・・
幻想的な体験をする事が出来ます。

行き方は、海から泳いで行ったりと、
色々ありますが、
一番のオススメは、ダイビングツアー。

機材もレンタルが出来るので、
楽しいですよ。

水納島

沖縄本島から、船に乗って15分ほどの離島。

この島は、ゼヒ行ってみて下さい。

なんと言っても、海や景色の美しさは、
沖縄地域の中でも、トップクラス間違いなしでしょう。

海の色、透明度、砂浜の美しさ、
言葉では表現がでない美しさです。

小さな島なので観光客も少ないですし、
ゆっくりと日常を忘れる事が出来ますよ。

オススメ

この島のオススメは、シュノーケリングやダイビング。

ツアーなら、珊瑚礁の近くまでボートで行くことも出来ます。

珊瑚を見ながらキレイな魚を一緒に泳ぐ。

感動する事まちがい無しですよ。

座間味島

さきほどの水納島お海も美しいですが、
わたしが一番オススメするのは、この座間味島ですね。

色は、エメラルドグリーンというより、
ブルーです。

このブルーは、座間味ブルーと呼ばれている色で、
沖縄の海の美しさでは、ダントツで一番ではないでしょうか。

場所は少し遠くて、那覇から船で50分ほど。

行く価値はありますよ。

で、ここのオススメも、
やっぱりシュノーケリングやダイビングでしょう。

珊瑚や熱帯魚は当然として、
ウミガメを見る事も出来ますよ。

この座間味島は、知る人ぞ知るダイビングスポット

何度行っても、色々な海を体感できるので、
リピーターも多いです。

数日間、座間味島に宿泊をして、
毎日ダイビングをする人もいるくらい。

海以外のオススメスポット

次は、海以外のオススメスポットを紹介しますね。

沖縄と言えば海!
ですが、南国の自然は、海だけじゃない!

ちなみに、定番どころの「首里城」や「美ら海水族館」は、
あまりにも定番なので、紹介は省きます。

比地大滝のトレッキング


トレッキング

比地大滝、御存知ですか?

この滝はあまり知られていないので、
穴場スポットと言えるでしょう。

沖縄本島にあるのですが、
落差は25mと、かなり大きな滝です。
名前に付いている大滝は、伊達ではありません(笑)

この滝を見に行くには、
整備されている熱帯雨林の中を、
1時間ほど、トレッキングしなければいけません。

ちょっと遠い気もしますが、
きちんと整備はされているので、
小学生くらいのお子様であれば、
問題無く行く事が出来るでしょう。

到着したころには、少し汗ばんでいるかもしれませんが、
滝特有の、水しぶきやマイナスイオンで癒されて下さい。

むら咲むら

次は、雑誌にも載っているほど有名な観光スポット。

ガラス工芸やシーサー作りなどが出来ます。

沖縄は雨が多いので、
もし雨の日に当たってしまったら、
むら咲むらに行くといいでしょう。

特に、お子様連れの方にはオススメです。

大人の方が楽しめるプランとしては、
ジンベエザメと泳げるダイビングなんかもありますよ。

タナガーグムイ

海以外のスポットで、わたしが一番オススメするところは、
ズバリ、タナガーグムイです。

通だけが知る観光スポットとして有名(?)な場所。

この場所にも比地大滝と同様、滝があるのですが、
こちらは滝壺で泳ぐことも出来ます

しかも滝壺の上には、飛び込み用のロープがセットされているので、
子供たちには大人気!

当然、大人も楽しんでします。

けっこう、いつでも人が泳いでいるので、
恥ずかしがらずに泳いじゃってください。

水着は忘れずに。

行き方は少し野性的。

ちょっとした崖を、ロープをつたって降りていきます。

運動神経がよろしくない方だと、
厳しいかもしれませんね。

お子様も、少し大きくないと、
危ないかもしれません。(小学生の4年生くらい?)

サンダルやミュールなんてもってのほか。
最低限、スニーカーで行くようにしましょうね。

沖縄蕎麦のオススメ店

最後は食べものの紹介。

沖縄の食べ物は、ゴーヤチャンプルなど、
色々あります。

なかでも現地で食べるとおいしいものは、
沖縄そばではないでしょうか。

では、いってみましょう!

きしもと食堂


沖縄そば

このきしもと食堂は、
テレビや雑誌の取材が入るほど、有名なお店。

比地大滝

きしもと食堂自体がすでに観光スポットと言っても
過言ではないでしょう(笑)

有名なので儲かっているんでしょう。

2号店まであります。

が、やはりオススメは、
100年続いている沖縄最古の1号店の方でしょう。

ソースは、とんこつとカツオがベースの、
やさしめの味付け。

濃い味が好きな方だと物足りないかもしれませんが、
美味しくないという方はいないでしょう。

場所は、美ら海水族館から10分ほどと好立地なので、
けっこういつでも並んでいます。

いしぐふー

いしぐふーは、沖縄全土に6店舗展開しているチェーン店

沖縄そばの伝統を守っているというよりは、
どこで食べても安定した味というか、外れはないというか・・

沖縄現地の人からすると、少し邪道なイメージがあるようですが。

わたしのように本州からの旅行者だと、
これでも十分美味しいです。

その邪道の内容ですが、
上にふんわり卵焼きが乗っていたり、
炙ったソーキをおかずとして出されたり。

味もおいしいですが、おなかもいっぱいになりますよ。

山原そば

そして最後に、わたしの一番オススメ沖縄そば屋さん、
「山原そば」。

このお店は現地の人にも大人気で、
時間によってはけっこう並びます。

味付けは、濃厚系のスープ。
でもおなかにもたれない。

女性でも食べられる濃厚系でしょう。

一度、お試しあれ!

こちらの場所も、美ら海水族館の近くですので、
行きやすいですね。

いかがでしたでしょうか。

最近では、外国人観光客も激増している沖縄。
ですが、穴場スポットに来ている観光客は、
まだまだ少ない。

まだまだ自然が残されている今のうちに、
体験しに行ってみましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です