一生後悔しない為に…子供の乱視の原因を知ろう!

スポンサードリンク

ようやく言葉を話し始めたような、

小さいお子さんの場合。

何か身体にトラブルを抱えていたとしても、

なかなか自分から伝えることは難しいですよね・・・。

早産や、出産時のトラブルなどで、

定期的に医師のフォローを受けている、

という事でもない限り、

風邪や予防接種で小児科に行く、

という程度なのではないでしょうか。

でも!

早期発見できるからこそ、

成長後の生活に与える影響を、少なく出来る!

という疾患は沢山あります。

そのためにあるのが、

母子手帳に記載のある「〇歳児(〇カ月)健診」

です。

視力・聴力・消化器官・社会性などの、

知的発達・運動面などの身体的発達に関する項目が、

各月齢に設けられています。

保護者の主観的申告と、医師・保健師による客観的診察により、

子どもの発達が順調であるかを診ているんです。

そこでもし、「乱視の可能性」を指摘されたら?

これから先の長い人生、生活にかかる負担などを考えると、

不安でいっぱいになってしまいますよね・・・

今回は、赤ちゃんの乱視の原因について、

お話してみたいと思います。

スポンサードリンク

子どもの目の発達や見え方

生れたばかりの赤ちゃんの視力は、

明暗が判別できる程度

ぼんやりと見えるな〜・・・

というレベルなんだそうです。

生後、3〜4ヵ月頃から、

少しずつ焦点が合うようになって、

1歳までに急速に成長。

そして、3歳になる頃には、1.0ほどの視力になります。

ただ実際には、お子さんがどの程度見えているか?

というのは、正確には分かりませんよね。

私にも、姪っ子がいますが、

「見える」、「見えない」をはっきりと主張されたのは、

小学校に入ってから。

「黒板の字が見えない〜・・・」

となってからでした。

ここまで成長すれば、会話も表現も、

ある程度しっかりしてきます。

「黒板の字」という第三者(=母親)から見ても、

明確な基準がありますから、納得がいきます。

では、言葉の発達すらままならない、

2〜3歳頃の子どもの場合はどうでしょう?

多くのお子さんは、まだ集団生活を始める前。

家庭での生活が中心となる頃ですよね。

例えばテレビを見るにしても、

のめり込んでしまって、近づいているのか?

見えにくいから近づくのか?

大人のように、字幕を読むわけでもないでしょうから、

客観的には判断し難い点だなと思います。

それだけに、乳幼児健診でのチェック項目や、

日常的な行動を観察していくことが、

非常に大切になるんですよね。

乱視だとわかったら?その原因は?


メガネの子供

では、実際に乱視だとの診断は、

どのように行われるのでしょうか?

園児向けの視力検査の様子が、

ユーチューブの動画で紹介されていました。

少し長めの動画ですが、

先に紹介した視力の発達についても紹介されているので、

非常に参考になります。


姪っ子が通っていた幼稚園では、

年中さん(満5歳に達する年度)に、

園と家庭で視力検査を行っていました。

この動画ほど詳しい検査ではなく、

「C」の向きを4つほど判定してもらう、

という簡易的なものです。

検査の結果と、日常生活に関する問診により、

そこで何か気にある項目があると二次検査へ。

ここでも詳しい検査が必要と判断されると、

眼科の受診を促されます。

未就園のお子さんの場合、乳幼児健診の問診の結果で、

眼科の受診を促されることになるかと思います。

眼科を受診の結果、乱視と診断された場合、

眼鏡を用いた治療を行うこととなるでしょう。

両目ではなく、左右の視力に差がある場合は、

アイパッチ」という、

良い方の目を覆うという対処がされることもあります。

良い方の目を使わず、悪い方の目を使おうとすることで、

視力が低い目の、見る力を伸ばしていく、

という目的のためです。

そしてその結果、視力の発達が得られると、

裸眼での生活もできるようになるそうですよ。

乱視の原因は先天性・後天性とあります。

元々の眼球の形に影響があり、

屈折異常を起こしてしまうというのが先天性です。

この点では、遺伝もあると言えるのかもしれません。

後天性のものとしては、

見え難くなった状態のまま、物を見ようと目を細めることで、

目に必要以上の圧力をかけてしまった結果、

というものがあります。

また、逆さまつげが影響している、

という説もあるようです。

いずれにしても、

乱視の状態を放っておくのは、良い事とは言えません。

視力の発達段階にあるうちに対処してあげないと、

将来的に弱視となってしまいます。

眼鏡を使っても、矯正視力すら十分に得られない、

という状況になりかねません。

まとめ


目が悪い子供

視力検査でも、集中力が切れると、

正しい結果が得られないことがあります。

予約ができたり、小児の扱いになれた検査技師のいる病院を

探してみるのも良いかもしれませんね。

ネット社会の現代、

様々な情報に翻弄されてしまいがち。

ですが、診断を悲観的に捉えず、

愛する我が子のために適切な対応をしてあげましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加