本当に危険は無いの?繋留流産の手術をしよう!

スポンサードリンク

最近は芸能人の方の影響もあり、

妊活に取り組んでいる方も少なくありません。

ただ、実際に妊娠ができても・・・

実は初期のうちに、

約15%の方が流産をしてしまっているんです。

でもこれは、

ママのせいではない繋留流産である事がほとんど!

にもかかわらず、

悩んでしまう方もたくさんいらっしゃいます。。。

今回は繋留流産について、説明していきます。

スポンサードリンク

繋留流産って何?

繫留流産とは、赤ちゃんが、

染色体異常などの原因により、お腹の中にいる状態で

亡くなってしまっていることを言います。

妊娠が発覚して病院に行ってみたら、

実は繋留流産している、

ということが、検査で分かったりします。

時期としては、だいたい妊娠6~7週頃に確認されます。

その頃には、通常妊娠をしていれば胎児を確認することができ、

また、心拍も確認することができるはず。

ですが、それができないことで繋留流産が発覚します。

痛みや出血などの自覚症状があれば、

すぐに病院へ行くなどの対処ができるかもしれません。

ですが、自覚症状がない場合がほとんどなんです。

それに、初期流産は先天的である場合が多いので、

赤ちゃんを助けることは難しいでしょう。

繋留流産がわかったら手術を!


オペの準備

流産がわかった場合には、手術が必要になります。

自然に外に出てくる場合もありますが、

放置しておくことは、大量出血などの危険があるため、

『子宮内容除去手術』を行うことになります。

たいていの場合、繫留流産と診断されてから、

1週間前後で手術を行うことになります。

手術は局部麻酔か全身麻酔を使って行われて、

入院を伴う手術になるんですが、

手術時間は10分程度と、短い手術。

あまり心配する事はありません。

手術費用は、産婦人科によっても差はありますが、

保険が適用されて、5~10万円程度と少額ですので、

大きな負担にはならないでしょう。

繋留流産の手術後は?


励ます男性

手術後は当然、出来るだけ安静。

自分で動けるようになってきたら、退院になります。

そして退院後も、なるべく安静に過ごしましょう。

1週間程度で出血も治まりますが、

それ以降も出血が続く場合や、もし大量出血があった場合には、

迷わず病院へ行ってください!

そして繫留流産をした後、一番に気になるのは、

やっぱりその後の妊娠だと思います。

すぐの妊娠は、体の負担や胎児が育つ環境などを考えて、

しばらくの間は避けるようにしてください。

期間にすると、

6か月程度は妊娠しないようにした方が良いでしょう。

まとめ


落ち込む女性

いかがでしたでしょうか。

実は、繫留流産を経験される方は

意外に多くいらっしゃいます。

30代女性では約30%の女性が経験する

とも言われています。

流産をしてしまった方は、

どうしても自分を責めてしまいがち・・・

ですが、繫留流産の場合は、

母体を守るために必要な流産であることがほとんど!

悲しむばかりでなく、

『赤ちゃんがママの体を守ってくれた』

と思って、母体を守ってくれた赤ちゃんに感謝をして、

また会いに来てくれることをゆっくり待ちましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加