急な子どもの胃腸炎!症状別での食事や対処法!

スポンサードリンク

「なにか悪いものでも食べさせたかしら?」

子供の胃腸炎は、とても厄介ですよね。

不安になるお母さんも、たくさんいらっしゃいます。

じゃあ、胃腸炎にかかった子供には

何を作ってあげるべきでしょうか。

お母さんの優しい愛情が詰まったハンバーグ!

・・・だなんて、当然NGですよね。

間違った知識を捨てて、きちんとした食事を

可愛い我が子に作ってあげましょう。

では、何がよくて何がダメなのか?

食事制限には段階があるので、順番に紹介します。

スポンサードリンク

第①ステップ

嘔吐が何度もみられるのは、始めの症状の特徴です。

その段階では、少量のお水でさえも全部吐いてしまうので、

4~6時間は何も与えないで、様子をみることが必要です。

実はこの「食べない」という事で、

しんどい痛みが緩和されるんです。

しんどいから、食欲自体きっと無いはずですが、

「何か栄養があるものを食べさせなくては!」

と思って、早とちりしないように!

気をつけてくださいね。

第②ステップ

吐き気がおさまってくると、顔色も変わってきます。

表情をきちんと見てあげて、少し元気を取り戻したら、

水分を少しずつ飲ませてあげましょう。

このときも、一気に急に飲ませるのではなく

10~15分ごとに、少しずつ飲ませてください。

下痢の時は、脂肪分の多い食品や、糖分が多い食品の他に、

冷たい食品も好ましくありません。

しんどい時はどうしても、

子供が食べたいものを食べさせてあげたくなる気持ち、

分かります。

でもぐっと堪えて!

大好きな甘いジュースも、

この時だけは我慢させてあげましょうね。

第③ステップ

だんだんと食欲が戻ってきますが、

この段階でも、まだ普通の食事は控えた方がいいでしょう。

やさしい味付けのスープがおすすめです。

お母さんのあったかいお味噌汁でも、

作ってあげましょうか。

でも残念ですが、にんじんやじゃがいもを

具材の中に入れる事は避けてください。

スープだけを飲ませてあげましょう。

1日様子をみて、症状が出ることもなく

「早くごはんが食べたい!」

と、元気な子供の顔に戻っていたら、ゴールは間近です。

このとき、喉をつるんと入るプリンやゼリーなら

大丈夫です。

これなら子供も、さらに食欲を取り戻しそうですよね。

第④ステップ

プリンやゼリーも問題なく食べることができたら。

さぁ!待ちに待った食事を食べさせてみましょう。

とはいっても、油断は禁物です。

元気を取り戻したからといって、

一気に豪華な料理をたくさん作ってあげるのではなくて、

少しの量からいきましょうね。

基本的には、薄い味付けです。

おかゆやおうどんを作ってあげると良いですね。

まとめ

以上の4ステップをクリアできたら、

1週間も経たないうちに治っています。

お母さんが子供に付きっきりで大変かもしれませんが、

可愛い我が子ですもん。

大丈夫ですよね♪

急な胃腸炎で困ったら、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加