結婚式!女性の靴のマナーとは?素足にパンプスでも大丈夫?

スポンサードリンク

結婚式に出席する時の服装で、
女性が悩むことの一つが、素足はOKか?NGか?

若い女性だと素足で出席する人も、
けっこう見かけます。

ですが、年配の人によっては、

「素足で結婚式に出席するなんて、マナーがなっていない!」

とおっしゃる人も、けっこういらっしゃいます。

では、素足で結婚式に参加する事は、
マナー違反なのか?OKなのか?

これを話してみましょう。

素足で出席?それともストッキング?

単刀直入に言うと、間違いたく無いならストッキングは着用しましょう。

格式の高いホテルなら、絶対です。

TPOをわきまえるという意味では、
ストッキングを履いて、靴はパンプスが完璧ですね。

レストランウエディングのようなカジュアルな結婚式の場合、
案内状には

「平服でお越し下さい」

と書かれている場合があります。

このような場面では、ストッキングは履かなくても良い場合があります。

靴は、ミュールでも良いという場面でもありますね。

迷った場合は事前に、新郎新婦に、
出席者の確認をしておきましょう。

このとき、「出席者の確認」がポイントです。

服装の確認だと必ず、

「平服と書いてるくらいだから、本当にラフな格好で良いから〜」

という返事が返ってきます。

この言葉を真に受けて、恥ずかしい思いをした人が、
日本中でどれくらいいる事か・・・(笑)

厳しそうな方が出席する場合は、
ストッキングを着用して出席した方が良いでしょう。

スポンサードリンク

新郎新婦との関係性から考えよう

あなたと新郎新婦、どのような関係か?

この関係も、判断材料の一つになります。

兄弟姉妹、イトコなど、身内の結婚式の場合や、
会社の同僚や先輩の結婚式の場合。

ストッキングとパンプスを選ぶようにしましょう。

身内の結婚式や、ビジネス上の関係者の結婚式に出席する時には、
なるべく控えめな衣装で出席するという事がマナーです。

友人や知人の結婚式や披露宴、二次会なら、
素足やミュールでも、問題は無いでしょう。

素足で出席する時のマナーとは?



ストッキングを履かないで素足での出席や、
ミュールやサンダルのような、
カジュアルな足元で出席する際のマナー。

  • 足まわりのお手入れをきちんとする事。
  • がに股で歩かない。

    背筋を曲げたり、ダラダラしない。

と言ったような、普通の事ではあるのですが、
意外に出来ていない方も多いので、
気にした方が良いかもしれません。

お年寄り、特に女性の御年輩の中には、
素足で出席する事自体を良く思わない方もいらっしゃいます。

もし、素足で出席した若い女性が
ダラダラしていたり、清潔で無かったら、
新郎新婦に迷惑がかかってしまう事も
考えられます。

そうならないように、素足で出席する時には、
いつも以上に気を使った立ち居振る舞いをする事
大切です。

最近の日本では、素足やミュール、おしゃれなサンダルなど、
色々な足元のおしゃれで出席する女性も増えてきています。

ですがやはり、日本の文化としては、
女性は淑女であるもの。

肌の露出などは、品が無いと考える方も
男女問わず、まだまだ多い。

どのような方からも、

「上品だね。」

と思われるような服装や立ち居振る舞いを心がけたいものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加