ヤバいかも!顔色が土色なら危険な病気かも!

スポンサードリンク

40歳の旦那さん。

世間では、中年と言われる年齢に

足を踏み入れています。

「まだまだ働いてもらわないと!」

その気持ち、分かります!

でも最近、旦那さんの体調は大丈夫ですか?

顔色が優れなかったりしませんか??

顔色が悪い場合、もしかしたら何かの病気かもしれません!

いくら普段は元気に見えても、

家族に迷惑をかけないようにと、

空元気かもしれません。。。

体調を崩してしまうと、

働くどころではなくなってしまいます。

今回は、顔色から読み取る体調不良のお話をしましょう。

スポンサードリンク

顔色悪いと病気なの?

もしかして、どちらかと言うと、

土色というか、土気色と言うか・・・

そんな顔色じゃないですか?

青白いなら貧血とかかな~、と思いますけど、

土色って、なんだかとっても心配です。

顔色が土ケロの場合には、

リンパ液の流れが滞っている時。

新陳代謝がよくないってことですね。

老廃物の処理がうまくいかないから、

老廃物がきちんとデトックスされないまま、

血液中を流れてしまっています。。。

顔色が悪い!土色になっている原因とは?

新陳代謝能力の低下ってことは、

疲労からきていることもあるだろうけど、

「実は病気だったら!!」

と思うと心配ですよね。

新陳代謝は、腎臓や肝臓で行われていますので

会社の付き合いや接待が多い旦那さんの場合、

けっこう深刻かも・・・

腎臓は体内の老廃物を尿で排泄するための臓器。

腎臓の機能が低下したら、

身体の中に入った不純物が排泄されないで

また血液中に流れてしまいます。

そして肝臓は、酒呑みがよく話題にしてますよね。

アルコールとか、身体の毒を代謝する臓器。

肝臓の機能が低下したら、

やっぱり、身体に不要な老廃物や毒素などが

代謝されずに残ってしまうんです。

そう考えると、体にとっては

アルコールも毒なのかも・・・

人間の体は、きちんと代謝が行われてこそ、

元気に過ごせるようになっているんですね。

でもいったん、その機能が低下してしまうと

思わぬ病気が発症してしまうことがあるんです。

肝硬変とか腎臓病とか、

気づかないうちに弱っていて

病気になってることがあると聞きます。

腎臓病の初期は自覚症状がないし、

肝臓は「物言わぬ臓器」と言われてるくらい、

病気がわかった時には、かなり重たい状態ってことも

あるんですね。

顔色が悪い時!土色の時の改善方法

40代の働き盛りの旦那さん。

これから、もっともっと頑張ってもらわないといけません!

子供たちのことや、家のローン、

老後の蓄えも・・・

病気にならないようにするには、

まずは、健康診断を受けてもらうようにしましょう。

腎臓の状態は、

尿の中にたんぱくや血液が混ざってないかを調べれば

すぐに状態がわかります。

肝臓は、血液検査でわかります。

要は、年に1度の健康診断は必ず受けて、

それ以降もし、「何かおかしいな」と思ったら

すぐに病院で検査をすること。

まずは疲労を溜めないように、

ちゃんと休養をすることを心がけてもらいましょう。

あと大切なのは、やっぱり食習慣です。

腎臓に良い食べ物と言えば、実はシジミがあります。

シジミと言えば肝臓のイメージなんですが、

良質なたんぱく質が含まれているから、

腎機能の向上も促してくれるんです。

あとは、腎臓に負担をかける塩分の摂取量を

抑制する働きのあるカリウムを含んだ食材。

スイカ、きゅうりなども、

ちゃんと食べてもらうようにしましょう。

肝臓によい食べ物と言うと、シジミはもちろんのこと、

良質なたんぱく質である、大豆や牛乳も良いですよ。

栄養のことを考えるようになると、

料理の腕も上がってきます(笑)

結局のところ、バランス良い食事と、

疲労を溜めない良質な睡眠で

健康的に過ごすことが大事なんですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加