女性が老ける原因と生活習慣5選

スポンサードリンク

老けは恐ろしい・・

自分では若いと思っていても・・

友達や知り合いから、

「ちょっと老けたよね。」

なんて言われてしまうと、
その日は家に帰ってすぐに鏡を見てしまいます。

ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

老け顔の原因と特徴!改善方法とは?では、
老け顔の対策を話しましたが、
そもそも老いは身体の中も始まっています

という事で、老い対策と将来の健康のために!
習慣を見直してみましょう。

朝ごはんをバランスよく食べないのはNG

スポンサードリンク

朝ご飯、食べないとダメとは分かっていても、
忙しい朝はサボりがち。

ですが、朝ご飯は絶対に食べるようにしましょう

朝起きた時は、前日の夜に食事をしてから、
少なくとも6時間以上は経過しているので、
若干の飢餓状態になっています。

それに、食事と食事のあいだが、長ければ長いほど、
次の食事の時の血糖値が大きく上がります。

そのため、食べたものが脂肪に変わりやすくなってしまうので、
どんどん太りやすい体質になってしまいます

ダイエットの時には、朝ごはんを抜いてしまう人も多いのですが、
これは逆効果。

朝ごはんは必ず食べるようにしましょう。

食事の内容ですが、野菜も必ず食べるようにした方が良いでしょう。

一日に摂取しなければならない野菜は350g。
この量を、昼と夜の2回で食べるのは、
けっこう大変です。

一日三回の食事で、バランスよく食べるようにしたいですね。

肉ばかり、野菜ばかりの偏りはNG

肉ばかりで野菜を食べないことが体に悪いのは、
誰もが知っていること。

ですが実は、野菜ばかりの食事でも、
体に良くはありません

お昼は野菜だけをだべている女性、
わたしが勤めている会社にもけっこういます。

みんな、太ってしまう悪習慣ということに気付いていません。

始めはたしかに体重が減ってきます。

ですが徐々に太りやすい体質になってしまうので、

「野菜ばかり食べてるのに痩せない。なんで〜・・?」

なんて声も聞こえてきます。

なぜなのか?

それは、エネルギーが不足してしまい、
代謝が下がってしまうから

たまにたくさんの食事をしたり、肉を食べたりすると、
その時に、必要以上に吸収してしまい、
代謝も下がっているので、脂肪が付いてしまいます。

朝昼晩、どの食事でも、

  • 肉や魚などのタンパク質
  • 米などの炭水化物
  • 野菜の食物繊維

この3種類をバランスよく食べるようにしましょう。

食事時間が短い


食事

食事時間が短いのも、よくありません

時間は、長く取るようにしましょう。

時間が短すぎると、急激に血糖値が上がり下がりしてしまうので、
これまた太りやすい体質になってしまう。

また、老け顔の原因!ほうれい線の予防とは?でも話したように、
時間が短い食事だと、
あまり食べ物を噛めていない可能性もあります。

噛むという事は、顎の発達や骨格にも大きな影響を与えるので、
非常に大切です。

肥満防止や小顔効果だけでなく、
これだけで腰痛が治ったりもするので、
意識をしてみて下さいね。

白米を食べない

炭水化物ダイエットをしている女性も多いようですが、
これは逆効果。

人間には、炭水化物は非常に大切な栄養素です。

炭水化物はブドウ糖になり、
脳や神経はこのブドウ糖をエネルギーとして活動しています。

ブドウ糖が無ければ、脳の活動は低下してしまうので、
頭が働かず、能率の低下を招いてしまいます。

他にも、肥満の原因になってしまったり、
女性だと、自律神経や女性ホルモンのバランスが崩れたりします。

白米などで、かならず炭水化物は摂取するようにしましょう。

寝る1時間前以内に携帯やパソコンを見る

最後は、食習慣でありません。

ここ数年言われているブルーライトの問題。

寝る前に強い光を見てしまうと、
脳が覚醒してしまって、睡眠が浅くなってしまい、
自律神経のバランスが崩れてしまいます。

携帯やパソコンのブルーライトは特に強いので、
床につく1時間前からは、パソコンやテレビの画面は
見ないようにしましょう

出来るなら、テレビを見ることも避けた方が良いでしょう。

もし無理なら、PCメガネをかけてテレビを見たり、
パソコンをしたりするようにしましょう。

JINS や Zoff などのメガネの量販店なら、
種類も豊富ですよ。

Zoffなら、フレーム持ち込みでレンズだけでも対応してくれます。

この5つの習慣、当たり前のようですが
意外に出来ていないことばかりではなかったですか?

この当たり前の事をキチンとすることで、
体内の老化、顔やお肌の老化スピードを遅くする事ができます。

1つでも当てはまっているなら、
生活習慣を変えてみましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加