視力低下のその前に!目やにの原因はコンタクトかも!

スポンサードリンク

メガネじゃなくてコンタクトを使っている人は

かなり多いと思います。

やはり、メガネとは違って視野も広いですし、

汚れたり曇ったりを気にする必要が無いので

コンタクトは便利。

最近では、ファッションアイテムとして、

カラーコンタクトも人気ですよね~。

有名な読者モデルさんたちは、

みんなカラーコンタクトをしています。

様々な色や、黒目部分が大きいものなど、

たくさんの種類があるので、おしゃれな女性には大人気ですよね!

でも。

コンタクトをして生活をしていて、

目やにが出て困った経験ありませんか??

それも、サラッとした涙のような目やにだけじゃなく。

黄色や水っぽかったり、どろっとした目やにが出てしまう・・・

その原因って、いったい何なのでしょう?

今回は、目やにを甘く見てはいけない!

そんなお話をしたいと思います。

スポンサードリンク

コンタクトと目やにの関係とは?

分泌細胞の腺から出る粘液を目やにと言います。

血管やリンパ組織が多い人の目の場合。

細菌やウイルスに感染しやすい、と言われています。

細菌やウイルスに感染してしまうと、

炎症が起こってしまい、目やにが出てしまうんです。

そして、黄色い目やには、細菌性結膜炎。

白く粘着性のある目やには、

ウイルス性結膜炎の可能性があります。

主な感染源はというと、

衛生状態が良くないタオルや枕カバーを使っている場合。

ちゃんと毎日タオルや枕カバーを交換しましょう。

出来れば、布団カバーやシーツも毎日交換した方が良いですね。

私のように、一人暮らしの人の場合、

洗濯を毎日するのは、めんどくさいです。

でも、後で苦しんだり、高額な治療費がかかってしまうよりは、

毎日ちゃんとした方が良いんですよ~。

中には、コンタクトを使用し始めてから

たくさん目やにが出始めた!

なんていう人も、いるのではないでしょうか?

コンタクトを使うようになってから、たくさん目やにが出始めた場合、

その原因のほとんどは、ドライアイ!

コンタクトは、目の水分を吸収して、

蒸発させてしまいます。

常に目が乾燥している状態ですので、

定期的に目薬をしないといけません。

これも確かにめんどくさいんですが、

目の健康の為を思って、頑張りましょう!

ドライアイと目やにの関係、

ハッキリした原因は、特定されていません。

目の乾燥の防衛反応として、目自身が涙を出して、

すぐまた乾く。

この繰り返しが、目やにを生み出している可能性が高いんです。

コンタクトは古くなってしまうと、どんどん劣化して、

乾燥が加速してしまいます。

使用方法を守らず、古いものを使いまわしたり、

付けっぱなしで寝てしまったりしていると

目やにの原因になってしまいます。

大切な目の負担が大きくなってしまい、

最悪の場合は、失明してしまうかもしれません。。。

目やにが酷くなってしまった場合、

しばらくコンタクトレンズの使用をやめて

眼鏡にしましょう。

そしてすぐに、眼科でお医者さんに診てもらいましょう!

目やにの種類や対策を知ろう!


目のトラブル

目やにには、様々な種類があります。

そしてそれぞれに、違う原因が考えられます。

例えば、水っぽい目やにの場合。

花粉症や、その他のアレルギー反応が原因と考えられます。

花粉症の時期に、出る場合が多いです。

黄色い目やにの場合。

細菌性結膜炎が原因と考えられます。

目が開きにくかったり、大量に目やにが出る場合は

眼科を受信したほうが良いでしょう。

白くねばねばと糸を引くような目やにの場合。

ウイルス性結膜炎が原因の科の性が高いです。

充血、かゆみ、まぶたの腫れなど、

どんどん症状が酷くなることも考えられます。

そして、目やにがどろどろとしている場合は

慢性涙嚢炎が原因と考えられます。

目が赤くなるなどの症状が長引く場合、

必ず眼科を受診しましょう!

コンタクトレンズの目やに対策方法として、

一番良い方法は、しばらくコンタクトをやめること。

メガネにする事です。

とは言っても、どうしてもコンタクトレンズが良いっ!!

ってオシャレな人も多いはず!

そんなあなたは今一度、

コンタクトの使用方法を確認しましょう。

使用方法をちゃんと守ること。

そして、目の付近に使うようなタオルやハンカチなどは、

常に清潔にするように心がけましょう!

また、パソコンの画面を長く見る人や、

スマホでゲームを長時間する人。

ブルーライトも、目やにの原因の一つと言われています。

目が疲れたら、ちゃんと休憩を取りましょう!

他には、長時間日光を浴び続けるのも

目が疲れて、目やにが出てくる原因となってしまいます。

夜の寝ている間に日中浴びた日光が、

老廃物となり目やにとして出てきます。

目薬で対策も出来ますし、

アレルギーの場合は、時期が過ぎると治るものもあります。

しかし症状が長引いたり酷くなる場合は

早めに眼科を受診した方が良いでしょう。

大切な目。

取り返しのつかない事にならないように、

きちんとケアしてあげましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加